当ページは弊社アフィリエイターさま向けのページとなります。

成約率とSEOに強い記事書き

lgi01a201310110800

アフィリエイトを行うにしてもバナーだけではどうしてもアクセスは集まりませんし、過剰なバナーはサイトのイメージダウンに繋がります。
キャッシュバックサイトのアフィリエイトでは「キャッシュバックサイトについて調べるユーザー」が圧倒的に成約率が高いです。
業者名 口座開設」などでは業者の本サイトが競合となってしまうので検索順位でいえば勝ち目はありません。
(特にタイトルが「TariTaliで○○を開設」などだと既に弊社で開設をされているユーザーの可能性が高いので直帰率は比較的高くなります)
そのため一般的には比較系記事やスプレッドレポートなどがアクセス数に対して成約率も比較的高くなります。

アクセスされやすいキーワードを入れる

check-150x150

比較的簡単にアクセスされやすいキーワードは「業者名 キャッシュバック 比較」や「業者名 キャッシュバックサイト オススメ」などです。
このアクセスされやすいキーワードはGoogleサジェストなどでご確認いただけます。
既に他のキャッシュバックサイトとアフィリエイト契約を行っている方であれば比較系記事が最も書きやすいのかもしれません。
海外FX キャッシュバックサイト 比較」などでは競合サイトが非常に多い上、ユーザーが求めている業者をそのキャッシュバックサイトが取り扱っているかどうかもわからないので飛ばし読みされやすくなります。
特定の業者を勧めたい場合は「海外FX オススメ業者」などのキーワードで別ページでご用意いただいた方がよりユーザーに読んでいただけるかと思います。

タイトルタグに業者名も含める

検索するユーザーが一番初めに見る場所は何と言ってもタイトルタグです。
EAの販売でも「EA名 成績」や「EA名 バックテスト」、「EA名 フォワードテスト」と言ったキーワードでユーザーは検索しますが、キャッシュバックサイトにおいても同じことが言えます。
XM キャッシュバック 比較」をターゲッティングするとタイトルは「XMのキャッシュバックサイトを比較してみた」というタイトル決めとなります。

コンテンツ内容はキャッシュバックIBの比較など

上記のようなタイトルであればある程度ユーザー層も見えてくるので、なぜキャッシュバックサイトを利用するべきなのかと言った文章やXMを取り扱っている複数のキャッシュバックサイトのキャッシュバック率や出金手数料などを比較して、「このような場合はこのキャッシュバックサイトがいい」という文章構成が比較的成約率の高いコンテンツになります。

コンテンツ内容がスプレッドレポートなら

コンテンツ内容がスプレッドレポート系の記事でキャッシュバックサイトの宣伝をするのであれば「この業者でこのキャッシュバックサイトを利用すると実質スプレッドがこんなに狭くなる」と言った記事内容などになるかと思います。

アフィリエイトURLをつけるならトップページよりも概要ページ

例えばXMのキャッシュバックサイトを比較する内容やスプレッドレポートが内容であればの「XMの情報を知りたいユーザー」ということになります。
その場合は弊社であれば「XMのキャッシュバックサイトはこちら」というテキストに「https://taritali.com/client/click.php?id=xxx&r=https://taritali.com/xm-com」というリンクを貼ってあげればユーザーの負担も減るのでアクセスされやすくなります。
トップページからわざわざメニューを選んで表示させるのは、ユーザーフレンドリーな行為とは言えません。