スプレッドだけを見るとなぜ負けるか

study_juyou

勝つためにはトレード手法とファンダメンタル分析、資金管理、強固な精神などが必要になります。
しかし勝ち続けることができるかは業者選択で決まると言っていいでしょう。
現実でも「⚪︎⚪︎っていう業者ってどうなんでしょうか?」とたまに聞かれます。
知り合いのトレーダーに伝えるためにも、自戒のためにも記事にしたいと思います。

スプレッドだけを見ると呑み業者に当たる

top_395

日本国内の業者がそうですが、基本的に呑み業者しかいません。
リクイディティプロバイダのスプレッド以下のスプレッドで提供をしています。
これはつまり「外部に流さずに自社内で決済している」ということです。
注文を受ける先がない以上、必然的にそうなります。

呑み業者では勝ち続けることは不可能?

S-023_kanasii

「呑み業者で勝つ」ということは「ディーラーにプレイヤーが勝つ」というほど無謀なことです。
日本国内の呑み業者を使っているのに「職業はトレーダーです」という人がいます。
いいえ、「あなたの職業はギャンブラーです」。
「元締めが存在する閉鎖された空間で白か黒かを競う」ということは投資や投機ではなくバイナリーオプション同様、ギャンブルです。
ちなみに業者に目をつけられ家族の口座を使って別人になりすましトレードを行う方もいますが、家族間であっても口座の貸し借りは違法行為です。
FXの還元率は99.9%程度と言われていますが、これは外部に注文を流している場合に限ります。
残りの0.1%はスプレッドや取引手数料などによるものになりますが、これは外部に注文を出している場合に限ります。
「呑む」ということはその会社のシステム維持費や従業員や役員の給料などを顧客から奪い取らなければ経営が成り立ちません。
大半のトレーダーは負けるのでなんだかんだで運営を続けることができます。
しかしたまに来る「勝ち続けるトレーダー」というのはその会社にとって害悪にしかならないのでストップ狩りや約定拒否、出金拒否などを起こします。
このようなトレーダーには「負けさせ続ける必要がある」のです。
日本国内の業者はさらに悪質でこれに追証がついてきます。
やっていることはネットヤクザと大して変わりありません。

呑んでいるかどうかは関係ない?

「呑んでいるかどうかは関係ない」という強者トレーダーの方々はこれからも頑張ってください。

海外FXキャッシュバックキャンペーン

TariTaliのリベート型キャッシュバック
ECN/STP海外メジャーブローカーのスプレッドを大幅縮小

おすすめまだ低スペックの国内FX業者をご利用されていませんか? 現在トレードはECN/STPがスタンダードな時代となっています。本キャンペーンは、海外メジャーブローカーのスプレッドを大幅に縮小可能になるリベートプログラムです。

  • 業界最高のコミッションリベート
  • お取引翌日には出金可能なキャッシュバック
  • 全FX業者が絶賛するクライアントシステム

など、よりトレードで利益を上げる為に練りこまれたシステムをご提供しています。是非、あなたのトレーディングにもご活用下さい。

btn