海外FX業者の出金リスク

top_395

海外のFX業者を選択する際には出金リスクを一番重視した方がいいかもしれません。
最近TariTaliでは紹介はしておりませんがキプロスライセンスを持ったACFXというブローカーが出金拒否を起こしました。
他のIBサイトなどを見ると「不正なトレードによる出金を行おうとしたため」などとブローカー援護の記事がいくつか見られましたが、ACFXはCySECのライセンスを一時停止させられているようです。
本当にマネーロンダリングなどによる「不正なトレードによる出金」であればわざわざCySECはライセンスの一時停止は行わないのでは?と考えると、やはりブローカーの身勝手な出金拒否と考えられるのではないでしょうか。

資金持ち逃げのリスク

l_085

上記で記載したACFXですが、現在は「出金できた」という報告もありますが「入金をしても出金できない」という報告も相次いでいます。
ライセンスも停止させられているのでトレードもできない、出金も出来ないという状態は機会損失以外の何物でもありません。
仮にライセンスが再開された後も出金拒否が続き、持ち逃げされた場合はどうなるでしょう?
CySECやASICライセンスを保有している業者やAIGなどの保険に加入している業者であれば預けた資金分は返ってくる可能性はありますが、それ以外の業者(特にニュージーランドライセンス業者)は泣き寝入りになるでしょう。

入金の手間や申し込みの手間は二の次

095e938e2a09eaddc8db146b86879f4a

「入金に手間がかかる」や「申し込みに時間がかかる」という理由で業者選択をおろそかにしては危険かもしれません。
「リスクを感じたら即時撤退」は投資や投機においても重要ですが、出金も同じように「業者の動向が怪しいから早く出金して他の業者を使う」という考えを重視してもいいかもしれません。

上記などを踏まえて業者選択を行うことをご検討してみてはいかがでしょうか。

海外FXキャッシュバックキャンペーン

TariTaliのリベート型キャッシュバック
ECN/STP海外メジャーブローカーのスプレッドを大幅縮小

おすすめまだ低スペックの国内FX業者をご利用されていませんか? 現在トレードはECN/STPがスタンダードな時代となっています。本キャンペーンは、海外メジャーブローカーのスプレッドを大幅に縮小可能になるリベートプログラムです。

  • 業界最高のコミッションリベート
  • お取引翌日には出金可能なキャッシュバック
  • 全FX業者が絶賛するクライアントシステム

など、よりトレードで利益を上げる為に練りこまれたシステムをご提供しています。是非、あなたのトレーディングにもご活用下さい。

btn