XM.COMの口座開設はこちらから

口座開設マニュアルはこちら

XM.COMの出金について

海外業者を使ってトレードをして、出た利益を出金するときになって国内業者とは大きな違いがあることに多くのトレーダーが気づかされることになります。
それは当然で、日本円で入金していますから、国内業者と同じような錯覚に陥るわけですが、実際には海外にお金を送金して、その結果得られた利益を国内に逆送金してもらうことになるわけですから、その方法としては金融機関や民間の送金サービスを通じた海外送金かクレジットカードに出金してもらうしかないのが実情です。
この海外送金には送金側を担当する銀行と受け取りを担当する銀行双方に事務手数料がかかることになります。
XMでは送金側の銀行の手数料を負担してくれますが、受け取る側の銀行の手数料については利用者負担となりますので応分の費用がかかることになるのです。
為替の口座振込み手数料は銀行ごとに異なりますが、最安のところで2500円程度、また高いところでは4000円を超える金額になりますので、国内業者における出金のように頻繁に思いつきで行うことは非常に大きなコスト負担を強いられることになるのです。
また出金で自分の口座に着金するまでは4営業日以上かかりますので、お金と時間の双方がロスになるのです。

そもそも海外との資金のやりとりをするわけですから、国内のように頻繁に資金を出し入れするのではなく、計画的にうまく出金することがまず求められることになります。
そこで入金時から利用しておきたいのがクレジットカードやデビッドカードとなります。
クレジットカードやデビッドカードで入金しておけば、出金もその額までを上限としてまずカードの口座に無償で返金してもらうことができますので、一切費用がかかりません。
クレジッドカードへの出金もほぼ4営業日かかりますが確実に戻りますので非常に安心となります。
この金額を超えた分についてはXM社が発行しているデビッドカードを利用すれば、こちらも出金コストをかけずに手元に利益を戻すことができます。
デビッドカードは米ドルベースとユーロベースのものがありますが、面白いのは出金してドル円が上昇すれば円転してキャッシュディスペンサーなどから引きおろしても日本円が増えることになるのです。
このCD機からの現金引き出しには手数料がかかりますが、海外送金手数料に比べれば小さなものといえます。
XMをメインにして頻繁に出金を行いたいのであればこのカードの作成は絶対にお勧めということになります。
カードは口座に1000ドル以上の入金があるときには無償で作成が可能ですぐに国際宅急便で送られてきますので比較的短時間に利用を開始することが可能となります。
海外FX業者ならではのサービスとなりますのでぜひ積極的に利用することで出金コストを抑えたいところです。

XM.COMおすすめ口座開設キャンペーン比較

IB(Introducing Broker)について

XM.COMでは広告業務の一部をIBへ委託しており、IBはXM.COMからの広告料をトレーダーへ還元しています。国内業者と比較してスプレッドの広いXM.COMですが、キャッシュバックIBを利用する事により、取引コストを国内業者と同程度まで抑える事が可能となり、資金効率が高くハイスペックな海外メジャーブローカーでのトレードが可能となります。

リベート率でキャンペーンを比較

通常口座のキャッシュバック額を比較

IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
TariTali 7.5 USD / Lot 実質:900円 / Lot
RoyalCashBack 6.5pips / Lot 実質:650円 / Lot
FinalCashBack 6.0pips / Lot 実質:600円 / Lot
CashBackVictory 6.5pips / Lot 実質:650円 / Lot
CashBackForex 5.5 pips / Lot 実質:550円 / Lot

ZERO口座のキャッシュバック額を比較

IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
TariTali 3.75 USD / Lot 実質:450円 / Lot
RoyalCashBack 3.0pips / Lot 実質:300円 / Lot
FinalCashBack 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
CashBackVictory 3.0pips / Lot 実質:300円 / Lot
CashBackForex 2.2USD / Lot 実質:264円 / Lot
※実質取引コストは、ドル円レート:120円で計算しています。

リベート率の表記で変わる実質キャッシュバック額

リベート率をpips表記にしているIB業者は、実質キャッシュバック額が少くなるので注意が必要です。pips表記している業者は何故か「1pip=100円」で計算する事で実質キャッシュバック額が少なくなるよう設定しているようです。

キャッシュバック出金スピード&手数料比較

出金可能な時期と手数料を比較

IB業者 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 取引翌日から出金可能
RoyalCashBack 500円 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 500円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CashBackVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能
CashBackForex 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能

リベートプログラム