XM(XMTRADING)の口座開設はこちらから

口座開設マニュアルはこちら

XM(XMTRADING)のデビットカードについて

XMの口座を国内のFX業者を同じように縦横無尽に利用しようと思うのであれば絶対に必要となるのが同社が発行しているデビッドカードです。
日本人向けには米ドル建てとユーロ建てのカードが用意されており、両方を手に入れることも可能となります。
デビッドカードといいますと、国内での利用からイメージすれば、どこかの金融機関に口座をもっていてそこに戻してもらうという印象が強いかと思いますが、このXMのデビッドカードは口座ではなくこのカードの番号そのものにお金が出金される形態をとっています。
このカードへの出金はそれまでに入金したクレジッドカードの返金枠がすべて無くなってからとなります。
したがって入金額をすべて出金してさらに出金したいときから利用することが可能となるのです。
年間で10ドルほどの管理料を取られますが、海外送金のコストに比べれば実に安い金額で利益を引き出す手段を確立できることになるというわけです。

月間での引き出し制限は5000ドルあまりですが、それ以上デビッドの口座に出金することは可能ですし、通常のマスターカードのように商品購入に利用することも可能ですから使い勝手はかなりあるものとなります。
年間750万以上の利益がでるのなら2枚のカードにすれば1500万までは引き出せますので、それ以上儲かったときに更なる方法は考えればいいのではないでしょうか。
ただ、このカードは無くしてしまうと大変なことになってしまいますから厳重な管理が必要となるのは言うまでもありません。
最近では競合他社でも同様のカードを発行するようになっているようですが、海外などでも入金額をそのままドルやユーロで決済できますからうまく使えば外貨をそのままもっていることにもなりかなり便利です。
また、証拠金が足りなくなったり増やしたくなったりした場合にはこのデビッドカードに出金した金額を再入金することも可能で、この場合にはリアルタイムで口座に反映させることができるのも魅力となります。
国を超えた資金のやりとりですから、国内業者とは同じようには行かないものですが、こうしたカードを発行してくれることによって、ほぼ国内業者と同様のサービスレベルを受けることができるのはXMならではのものと言えます。
XMデビッドカードは使い始めてみると結構利用価値が高いことがすぐにわかります。
ただ、口座の金額管理はなにかメモのようなものに残して置きませんと残高照会をATMの機械でするたびに一定の手数料をとられることになりますのでその部分だけはちょっと注意が必要です。