BigBossでは2022年4月11日(月)より、新規注文から5分以内の短期保有での決済を行われた暗号通貨CFD全30シンボルのお取引に対し、片道0.2%(往復0.4%)の短期決済手数料が別途発生することになりました。

FXにおけるスキャルピングのように超短期売買をした場合には、通常の手数料とは別の短期決済手数料が加算されるということになりますのでご注意ください。

詳細は以下のとおりとなります。

暗号通貨CFD 短期決済手数料に関する概要

◆対象口座タイプ
スタンダード口座、MASSスタンダード口座

◆対象シンボル
通貨ペアグループ「Cryptocurrency」に含まれる暗号通貨CFD 全30シンボル

◆短期決済手数料 運用開始日時
2022年4月11日 マーケットオープン(日本時間 6時5分)より

◆短期決済手数料 算出額
暗号通貨CFDの取引金額に対し、片道0.2%(往復0.4%)

◆短期決済手数料 発生条件
新規注文の時間から5分以内に決済が行われた短期保有での取引が対象

 

新規注文から5分を超えて保有されるポジションには、短期決済手数料は発生しません。

MT4の取引履歴上、短期決済手数料は対象シンボルの新規注文が行われた際に手数料の項目に表示されますが、新規注文から決済注文までのポジション保有時間が5分を超える場合には、決済時に短期決済手数料は発生せず、お客様のお取引の損益に反映も行われません。

以上、BigBossより暗号通貨CFDの取引条件一部変更のお知らせでした。