たまにお問い合わせにてAXIORYの信託保全制度についてのお問い合わせがございますので、他記事では記載をしておりますが個別で記事にさせていただきます。

AXIORYは信託保全は一応あり

AXIORY5

AXIORYはベリーズライセンス保有業者ですが信託保全制度はあります。
AXIORYではFxProと同様に世界4大監査法人と呼ばれているプライスウォーターハウスクーパース(以下PwC)に第三者監査機関として入ってもらうことで信託保全制度を導入しています。

第三者監査機関とは

第三者監査機関とは顧客が証券会社に資金を預け入れる際に証券会社が顧客資金を不正に流用していないかどうかの監査を行う機関になります。
万が一証券会社が倒産などの事態に陥った場合でも顧客資金は第三者監査機関が管理しているため預け入れ資金は監査会社が顧客に分配などを行う仕組みとなっております。

法的レベルの拘束力はない

キャッシュバック口座開設の注意点

海外FXにおいては一般的に分別管理のみが義務付けられており法的レベルで保証がされているライセンスはCySECライセンス(最大2万ユーロ)やCIMAライセンス(最大3万5千ドル)のみとなっております。
その他にはASIC(オーストラリア)ライセンスやFCA(イギリス)ライセンスなどのライセンスであれば保証はありますが、既に日本居住者の口座開設は不可となっております。

あるかないかでは大きな違い

「法的レベルの拘束力がないのであればなくてもいい?」と思われがちですが、あるかないかでは大きく違います。
外部監査法人が存在しない分別管理では証券会社は顧客資金をどうにでも流用できます。
「資金の安全性」という部分においては外部に監査法人を立てることで証券会社は勝手に流用することができなくなるのであるかないかでは大きく違います。

AXIORYの顧客資金の安全性はどちらかと言えば高い方

ダウンロード

法的レベルで保証されているCySECライセンスと比較をすれば見劣りする部分もありますが、世界4大監査法人の一つと言われているPwCが監査会社として入っていることにより他のオフショアブローカーと比較しても顧客資金の安全性はどちらかと言えば高い部類に入ります。
しかしながらメガバンクなどのきちんとした銀行系列の金融機関と比較すれば見劣りする部分があることは否めませんのでトレード用の資金のみを入金し、利益が出たらトレード分以外の資金は出金した方が安全性が高いです。
これは日本やアメリカなどを含めどの国のブローカーを利用する場合でも同じですが、証券会社はある程度リスクを負って運営を行っているため「絶対的に安全なブローカー」というものは存在し得ません。