BigBossでは11月後半から同社のトレード用のサーバーに不安定な時間帯が発生し、12月5日にはとうとうサーバー自体に不具合が発生して一時的に取引ができない時間帯が発生したことを公表しています。

同社では週末に緊急メンテナンスを行ってサーバー自体を物理的に交換し、セキュリティ対策を実施したことにより9日の週からは安定的な稼働を回復しています。

具体的に問題が発生したサーバーおよび時間帯は以下のとおりです。

12/4 18:01~18:09 (日本時間 12/5 01:01~01:09)
12/4 18:34~18:37 (日本時間 12/5 01:34~01:37)

現象: LIVE#2のサーバダウン。LIVE#3, LIVE#4のレート配信遅延

この時間帯に取引をされて損害を被った等の問題がある方はMT4注文番号を同社のサポート部門にまでご連絡いただければ確認後にご報告が得られるとのことです。

問題発生の経緯

BigBossからのメールによりますと、11月半ばより日本時間 0時から2時と決まった時間に対して、LIVE#2サーバへのアクセス負荷が集中する事が確認されるようになり、その影響が日を重ねるごとに顕著となり、レートが遅延する現象が起きることが確認されるようになったとのことです。

さらに12月5日はここの負荷が高まり、LIVE#2サーバのハードウェアに問題が発生する事態となり一時的に取引不能時間が発生したとのことです。

現状では完全復旧しているようですが、ご不明の点がある場合にはぜひサポートにご連絡されることをお勧めします。