ここではExnessの出金手順についてご紹介いたします。
出金を行う場合はまずマイページにログインします。
開いた画面の左側のナビゲーションの中に出金のボタンがありますので、こちらをクリックするか口座についている出金ボタンを押すことで出金ページが開きます。

どちらかのボタンを押しますと次のようなメニューが現れます。


まず、クレジットカードもしくはデビットカードから入金している場合には入金額と同額までは出金が可能となります。
これはマネーロンダリングを防止するためにほとんどの海外FX業者が決めているレギュレーションで、それを超える金額の出金はほかの方法を選択することになります。

クレジットカード、デビットカードでの出金

Exnessの出金一覧ではBank Cardと表記されていますがこれをクリックしますと以下のような画面が登場します。

あらかじめ日本円で入金していれば通貨に日本円が現れますが必ず間違えないように切り替えて次へのボタンを押します。
次に確認画面が現れますので、利用カードを選択してボタンを押せば無事出金が可能となります。金額は入金額が上限となり、出金からおおむね4日以内には口座に返金という形で出金が可能です。
カード会社によっては時間がかかることもありますのでご注意ください。

bitwalletへの出金

クレジットカードもしくはデビットカードで入金をした金額を超えた出金もしくは最初からカードを使わずに入金して出金する場合に利用できるのがbitwalletによる出金です。
入金同様あらかじめ口座を開設していることが必要になりますが、Exnessの出金一覧の中からボタンをクリックしますと次のような画面が現れます。

口座番号は自動的に入力されていますので日本円であることを確認し、出金額を選択し次へのボタンを押しますと、確認画面が出ますのでそれを確認してbitwalletに登録されているメールアドレスを入れて送金ボタンを押せば即日出金が可能です。
ただしbitwalletからご自身の登録口座へ出金するには最大4日程度、金額はいくらでも一回最大824円の送金手数料がかかりますのでご注意ください。
海外送金などに比べますと非常に安いコストで利用できるのがbitwalletの大きな特徴となりますので、Exnessを継続利用されるのであれば口座を作っておかれることをおすすめします。
特別口座管理料を取られることもありませんので非常に便利です。

SticPayによる出金

bitwalletについで便利なウォレットとなっているのがSticPayです。


SticPayで出金する場合には一覧からSticPayをクリックしますと上のような画面がでてきます。
日本円を選択し出金額を入力して次へのボタンを押しますと確認画面がでますので、それを確認して出金すれば完了となります。
SticPayではあらかじめUionPayブランドのデビットカードを作成しておけば国内のコンビニなどのATMで出金ができるため銀行を通すことなく国内での出金が可能となります。
ただし入金や出金の手数料はかなり割高で、しかも一定期間口座を保有していますと口座維持管理手数料も徴収されますので、コンビニATMから資金をどうしても引き出すことにメリットを感じない方はbitwalletを利用したほうがお得ということになります。

ビットコインでの出金

国内の仮想通貨取引所に口座をお持ちであればビットコインによる出金も可能となります。
一覧からビットコインのボタンを押しますと次ような画面が現れます。

取引所の口座アドレスを入力し、出金金額を入力して次へのボタンを押します。
ここでは出金にかかわる手数料は出金額から差し引かれることになります。
出金までの時間は取引所によってまちまちですが、一般的には1日以内で到着しているようです。

テザーによる出金

Exnessではテザーによる出金も可能です。
一覧から一番下にあるテザーのボタンを押しますと以下のような画面が表れます。


送金先のアドレスを入力し、出金金額を日本円で入力して次へのボタンを押します。
確認画面が現れて送金をクリックすれば短時間で送金可能となります。
このテザーの場合、もともと米ドルとの交換率を一定にしたステーブルコインですから日本円で入金しても送金はドルベースに換金して行われますのでご注意ください。

以上、Exnessの出金手順をご案内いたしました。
すでにお気づきの通り、この会社は現状では銀行経由の海外送金には対応していません。
したがって日常的にご利用になるのであればぜひbitwalletの口座だけはあらかじめ開設されておくことをお勧めします。
これが設定できればほぼ国内業者と同程度の利便性を確保することが可能となります。