landFX

LANDFXはニュージーランドを本拠地とするFXブローカーです。

LGグループから分離独立した韓国のコンツェルンであるGSグループの元社員によって設立され、マネジメントオフィスを韓国におきNKOKという法人で運営しています。

現在はイギリス、ニュージーランド、中国、フィリピン、ロシア、シンガポール、アメリカ、エジプトなど13か国に拠点をもち、マルチにサービスを提供しているブローカーです。

簡単口座開設サポートサービス

弊社では、口座開設でお困りの方をサポートするための専用フォームをご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

一般的に国内FX業者よりもスプレッドが広い海外FX業者の場合、口座開設時に一時金でキャッシュバックを受け取るよりも、取引ごとにキャッシュバックを受け取れるほうが、取引コストの削減につながります。

LANDFXのキャッシュバック口座はこれに対応したサービスです。

LANDFXの口座開設の際には、こちらの開設手順をご活用ください。

 

LANDFXのキャッシュバック率について

Standard口座 スプレッドの36%
Islamic口座
ECN口座 0.18pips
Prime口座 18%

最高のキャッシュバック率をお約束

弊社では他IBよりも高いキャッシュバック率を提供しております。

他IBのキャッシュバック率が弊社よりも高いという場合は、以下のご連絡フォームよりご連絡ください。

 

キャッシュバック口座の開設方法

キャッシュバック口座の開設は、以下4つのステップで行うことができます。

  1. 下の指定リンクから口座を開設
  2. キャッシュバックシステムへ登録(登録方法はこちら
  3. ユーザーページより開設した口座番号を登録
  4. 登録完了後、取り引きするたびにキャッシュバックが発生

 

IBのお乗り換えおよび追加口座の開設について

IBのお乗り換えまたは追加口座を開設する際は「IB番号(※任意入力)」の項目で「6545」と記入することで、弊社に紐づいた口座を開設することができます。

既存口座のお乗り換えについてはLANDFXサポート(japan.support@land-fx.com)に、該当口座番号を添え「IB番号6545に紐づけて欲しい」とご連絡いただきご相談ください。

紐付けが完了しましたら、キャッシュバックシステムへのご登録をお願いします。

100%入金ボーナス口座への切り替えについて

弊社経由の口座であれば特別条件として旧口座タイプの100%入金ボーナス口座へ切り替えることが可能になっております。

詳細はこちらのページをご参照くださいませ。

キャッシュバックの最短出金日数

弊社では立替払制度を導入しております。

そのため、お取引翌日中という業界最速でのキャッシュバック出金が可能です。

キャッシュバックの出金手数料

キャッシュバックの出金時に手数料はかかりません。

また、国内銀行振込、bitwallet、SticPayへの振込手数料も無料です。

(海外銀行振込利用時の振込手数料および着金手数料はお客様負担となります。)

LANDFX(ランドFX)の詳細ご紹介

LANDFX

LANDFXは設立当初ニュージーランドのライセンスのみでビジネス展開を開始しました。

日本人トレーダーにサービスを提供している「Land Prime Ltd」は、ニュージーランドのライセンスが解除されているため、日本居住者は実質無ライセンスブローカーであることを理解しておく必要があります。

Financial Service Providers Register(英語)

LANDFX(ランドFX)の企業概要

海外FX業者 LandFX
設立年 2013年
登録法人名 Land Prime Ltd.
本拠地 ニュージーランド
所在地 Plaza Level, 41 Shortland Street, Auckland, 1010, NewZealand
取得ライセンス
資金管理 West銀行にて分別管理

LANDFXの特徴および取引内容

LANDFXの特徴としては以下のようなことがあげられます。

  • 0.0pips~の狭いスプレッド
  • 無制限レバレッジを提供
  • 種類豊富な通貨ペア
  • ゼロカットシステム導入で追証なし(ただし申告が必要)

シンプルな口座タイプ設定

LANDFXの口座設定は、Standard口座とPrime口座、Islamic口座、それにECN口座の4種類です。

口座種類 Standard口座 Prime口座 Islamic口座 ECN口座
最大レバレッジ 無制限 1000倍
最小スプレッド 0.9 pips 0.5 pips 0.9 pips 0.0 pip
取引プラットフォーム MT4/MT5
口座の通貨 USD、JPY
ビジネスモデル DD方式 NDD方式
最低入金額 1,000円 3万円 1,000円 10万円
取引手数料 なし 6USD/lot
マージンコール 30% 50%
ロスカットレベル 0% 30%
ゼロカット方式 導入済
ボーナス なし

NDD方式を謳うLANDFXですが、DD方式で社内にディーリングデスクを置きコントロールしているのは明らかであり、国内業者と同じような反対売買を行っていることだけは事実のようです。

最大レバレッジは無制限

LANDFXでは、「無制限レバレッジ」が大きなメリットとなっています。

ただし、設定できるレバレッジは証拠金額に応じて制限があり、無制限レバレッジを利用できるのは、証拠金額999ドル以下の場合のみとなっています。

そのほかにも、重要な指標発表や要人発言などが行われる15分前から発表5分後までの間、またマーケットオープン後の2時間とクローズ時前の3時間は、最大レバレッジが200倍に制限される場合があります。

取引銘柄によってもレバレッジの制限があるので、取引の前によく確認しておく必要があります。

証拠金額 レバレッジ 1回の取引毎の最大エントリーロット数 最大保有可能ロット数
0~999USD 無制限 30 100
0~4,999USD 2,000倍
5,000~29,999USD 1,000倍
30,000~199,999USD  500倍
200,000USD~ 200倍

取引可能なFX通貨ペアのスプレッドおよびスワップ

LANDFXでは64種類の豊富な通貨ペアを提供しています。

スプレッドは比較的狭く設定されており、短期売買にも適しています。

高いスワップポイントは期待できないのが現状なので、あくまでも取引によって利益をあげることに注力したほうがよさそうです。

通貨ペア スプレッド スワップ(Long) スワップ(Short)
AUDCAD 3.4 -0.72 -0.72
AUDCHF 2.8 -0.38 -0.68
AUDJPY 1.8 -0.68 -0.63
AUDNZD 2.5 -0.91 -0.92
AUDUSD 1.4 -0.51 -0.51
CADCHF 2.7 -0.41 -0.74
CADJPY 2.2 -0.55 -0.7
CHFJPY 2.7 -1.01 -0.66
EURAUD 2.5 -1.53 -1.36
EURCAD 3.4 -1.35 -0.86
EURCHF 1.8 -0.83 -0.85
EURCZK 1534.4 -2.61 -1.58
EURDKK 18.4 -5.11 -5.01
EURGBP 2.0 -0.8 -0.53
EURHKD 81.2 -9.98 -5.95
EURHUF 25929.4 -4.1 -1.29
EURJPY 1.5 -0.98 -0.78
EURMXN 193.6 -82.02 14.92
EURNOK 89.8 -8.46 -6.45
EURNZD 4.2 -1.75 -0.94
EURPLN 53.9 -4.81 -1.77
EURRUB 1629.6 -360.01 -91.01
EURSEK 87.1 -9 -7.06
EURSGD 6.2 -1.52 -1.12
EURTRY 230.2 -50.89 -21.39
EURUSD 0.9 -0.97 -0.72
EURZAR 272.7 -60.66 -4.26
GBPAUD 3.5 -1.41 -1.35
GBPCAD 3.9 -1.29 -1.26
GBPCHF 4.0 -0.62 -1.15
GBPDKK 52.3 -4.46 -6.96
GBPHKD 15.6 -13.18 -9.13
GBPJPY 1.7 -1.05 -1.06
GBPMXN 114.3 -87.94 16.66
GBPNOK 279.5 -7.44 -11.16
GBPNZD 7.8 -1.63 -1.38
GBPPLN 288.0 -4.65 -3.01
GBPSEK 228.6 -8 -9.2
GBPSGD 8.3 -1.75 -1.67
GBPTRY 267.5 -62.99 -32.33
GBPUSD 1.1 -0.89 -0.84
GBPZAR 334.9 -64.44 -6.94
NOKSEK 69.4 -0.42 -1.06
NZDCAD 5.0 -0.64 -0.74
NZDCHF 3.2 -0.33 -0.67
NZDJPY 2.3 -0.46 -0.63
NZDSGD 6.0 -0.68 -0.79
NZDUSD 2.0 -0.46 -0.51
USDCAD 1.7 -0.99 -0.99
USDCHF 1.3 -0.47 -1.19
USDCNH 18.0 -13.73 -8.83
USDCZK 1251.4 -2.7 -1.5
USDDKK 35.0 -3.35 -5.85
USDHKD 4.4 -8.7 -3.76
USDHUF 16799.4 -3.41 -2.11
USDJPY 0.9 -0.69 -0.88
USDMXN 77.6 -74.81 9.19
USDNOK 124.1 -5.76 -7.4
USDPLN 203.6 -3.62 -2.43
USDRUB 382.5 -45.41 -15.07
USDSEK 90.2 -6.47 -7.96
USDSGD 2.5 -1.08 -1.19
USDTRY 150.7 -47.71 -21.71
USDZAR 187.2 -53.63 -14.75

CFD等の取引商品について

CFDではメタル、エネルギー、インデックスの取引が可能です。

ただし、商品設定はそれほど多くはありません。

メタル

メタルでは3銘柄を取引することができ、最大レバレッジは200倍になります。

現在、XPDUSDおよびXPTUSDは提供を停止しています。

通貨ペア スプレッド レバレッジ スワップ(Long) スワップ(Short)
XAUUSD 2.8 200 -1.95 -1.65
XAUUSD(mini) 2.8 200 -1.95 -1.65
XAGUSD 3.8 200 -0.29 -0.25

エネルギー

エネルギーでは3種類の銘柄を、レバレッジ100倍にて取引することができます。

銘柄 スプレッド レバレッジ スワップ(Long) スワップ(Short)
Brent 6.4 100 -8.22 -3.84
Crude 7 100 -8.37 -3.07
NGas 15 100 -1.43 0.57

インデックス

インデックスにおいては、世界中の指数商品11銘柄の取引が可能です。

取引内容は以下のとおりです。

銘柄 スプレッド レバレッジ スワップ(Long) スワップ(Short)
Germany30 2.88 10 -3 -4.3
Stoxx50 1.68 200 -0.8 -1.15
FTSE100 1.86 200 -2.1 -1.9
CAC40 4.88 200 -1.25 -1.75
Nikkei225 1.9 200 -9.15 -9.45
ASE200 3.0 200 -4.6 -1.1
WallStreet30 1.46 200 -3.24 -7.6
US Tech100 1.9 200 -3.4 -2.95
SPX500 1.7 200 -1.05 -0.9
IBEX35 13.4 200 -1.59 -1.42
Hong Kong50 26.7 200 -9.3 -9.75

取引口座は円建てとドル建ての利用が可能

LANDFXの取引口座は、すべて円建てとドル建てでの利用が可能です。

入金、取引、出金においてすべて円とドルで管理することができ、両替等の無駄な損失が発生しないのは大きなメリットです。

1000通貨から取引可能

基本的な取引単位は1ロット10万通貨に設定されており、すべての口座において0.01ロットとなる1000通貨からの取引が可能です。

最低入金額について

最低入金額は口座のタイプにより異なります。

Standard口座とIslamic口座では1,000円、Prime口座では3万円、ECN口座では10万円に設定されています。

MT4とMT5での取引が可能

LANDFXでの取引は様々なデバイスに対応しており、スマホやタブレットでも時間や場所を選ばず取引することができます。

取引プラットフォームは、海外FX業者で定番となっているMT4のほか、後継ツールとして新しく開発されたMT5も利用することができます。

マージンコールおよびロスカットレベルについて

LANDFXのロスカットレベルは、証拠金維持率の0%に設定されています。

また証拠金維持率が30%になった時点でマージンコールが発動します。

ただし、ECN口座については証拠金維持率が50%になった時点でマージンコール、証拠金維持率が30%になった時点でロスカットが発動します。

両建て・スキャルピング取引の制限はなし

LANDFXでは同一口座内に限り両建てを認めています。

同じ銘柄のポジションを同じ数量保有すると証拠金は相殺され不要になります。

また、スキャルピング取引についても制限はないので、自由度の高い取引を行うことができます。

自動売買(EA)を利用した取引も可能

LANDFXでは自動売買(EA)を利用した取引にも制限を設けていません。

またPAMM口座も用意されているので、プロトレーダーに運用を任せたり自身のトレード方法を他者に提供することもできます。

顧客の資金管理について

LANDFXでは自社による分別管理を行っており、信託保全の形態はとっていません。

分別管理がすぐに危険という訳ではありませんが、自社だけで管理している点には注意が必要です。

LANDFX(ランドFX)の入出金方法

海外FX業者を選ぶにあたり、入出金方法は重要な選択ポイントとなります。

LANDFXでは入金に限りですが、国内銀行送金を利用できる点は高く評価できます。

入金の方法

LANDFXではいくつかの入金方法が用意されています。

国内銀行送金にも対応し利用しやすくなりました。

入金手数料は、各入金方法に設定された最低入金額以上を入金すれば無料になります。

入金方法 反映時間(目安) 最低入金額 入金限度額 対応通貨
国内銀行送金 1~2時間 500USD(約5万円) 限度なし JPY
VISAカード 1時間以内 100USD(約1万円) 1万USD USD,EUR,JPY
STICPAY 即時 5USD 5万USD USD,EUR,JPY
bitcoin 1時間以内 500USD(約5万円) 1万USD BTC
海外銀行送金 1~2営業日 500USD(約5万円) 限度なし USD,EUR,JPY,GHF

LANDFXでの入金手順につきましては、こちらを参考にご覧ください。

 

出金の方法

出金については国内銀行送金が対応しておらず、VISAカードの利用も現在停止中になっています。

またLand-FXカードの利用も終了したため、現在利用できる出金方法はSTICPAYと海外銀行送金のみになります。

海外銀行送金はアカウントの通貨に関わらずドルに変換しての送金になり、約45ドルの送金手数料のほか中継銀行手数料および着金手数料がかかります。

出金方法 反映時間 出金手数料
STICPAY 即時 0.3 USD + 2.5%
海外銀行送金 1~2営業日 送金手数料(約45USD)

 

LANDFXでは一定の取引量を満たさずに出金する場合、LANDFX側で負担した入金手数料を利用者負担とするルールがあるのでご注意ください。

負担する入金手数料は、クレジットカードの場合は約3.8~4%、STICPAYが2.5%+0.3ドル、Bitcoinが約2.94~3%、銀行送金では2%になります。

入金額に対する必要な取引ロット数は以下のとおりです。

入金額(USD) 必要な取引ロット数
100 2Lot
200 4Lot
500 10Lot
1,000 20Lot
5,000 100Lot
10,000 200Lot

LANDFXでの出金手順につきましては、こちらを参考にご覧ください。

 

出金拒否の噂について

LANDFXをネットで検索すると、しきりに飛び交っているのが出金拒否についての話題です。

LANDFXにおいて出金拒否となる状況は、禁止された手法で取引したり、カード会社の着金スピードが理由になっていることもあるので、LANDFXの約款において何が禁止されているのかを事前に理解しておく必要があります。

万が一禁止事項に抵触して口座凍結になった場合でも、すべての証拠金を一切返してもらえないということは稀で、口座凍結審査後最大2週間程度で出金されることになります。

出金拒否などの問題は業者と個人とのコミュニケーションの行き違いから発生することが多いので、しっかり連絡をとることが大切です。

なおLANDFXでは出金拒否になった場合、下記誓約書への記入を求められます。

LANDFX/AgreementWritten-Oath

内容としては今回の件は他言無用、もしLANDFXが損害を被ったらその損害を請求できるという内容です。

万が一LANDFXと出金トラブルになったとしてもすぐに書類には記入せず一度熟読することをおすすめします。

ゼロカットシステムは申告方式

LANDFXでは、申告方式のゼロカットシステムを導入しています。

そのため残高がマイナスになっても、サポートデスクに申告しなければゼロカットは実行されません。

またLANDFXの裁量判断によっては、ゼロカットシステムが適用されないケースもあるので注意が必要です。

日本語対応のサポートデスクも完備

LANDFXでは、メール、ライブチャットによる日本語サポートを行っています。

メールでのサポートは平日10時~18時(日本時間)まで、ライブチャットでのサポートは平日11時~17時(日本時間)の間で行っています。

なお、電話による日本語サポートは現在受け付けていません。

LANDFXは今後の展開を期待したい新興FX業者

LANDFXは比較的新興の海外FX業者ながら、グローバルなサービス展開を行っています。

ただライセンスや取引方式などにおいては、いまひとつ評判がよろしくないという点があるのも事実です。

しかし、口座タイプのリニューアルや無制限レバレッジの導入など顧客のニーズに応える姿勢が見られることから、今後の展開が期待される業者であると言えるでしょう。