LANDFXの最新の出金方法についてご説明してまいります。

現在LANDFXが提供する出金方法は4つ設定されています。ここでは順次その方法についてご紹介していきます。

LANDFXではアンチマネーロンダリングの観点からクレジットカードやデビットカードかれの入金は同等の金額までカード経由で返金という形で出金し、それ以上の利益分がある場合には銀行、STICPAY、LANDFXプリメイドカード等を使って出金していくこととなります。

クレジットカード・デビットカードからの出金

LANDFXのサイトにログイン後、出金ページへ移動します。

現れた画面の右下の出金をクリックします。

現れた画面からクレジットカードのによる出金を選択して出金ボタンを押します。

はじめてクレジットカード、デビットカードで出金申請する場合にはクレジットカードの画像の提出を要求されることになりますのおであらかじめ入金時に使用したカードの画像を撮影して準備しておくと便利です。

画像はスキャンしたデジタルデータでも写真でも可能です。カードは表面、裏面ともに必要になります。

カードは全面が移っている必要がありますし、数字や名前等が確認できない画質ですと認められませんので注意が必要です。

クレジットカード、デビットカードをアップロードしますと以下のような画面が表示され承認されるとクレジット、デビットカードによる出金申請が可能となります。

通常承認までは1日ないし2日かかっていますので余裕をもって作業をしておく必要があります。

承認後改めて出金からクレジットカード出金をクリックしますと以下のような画面が登場しますので、通貨は日本円、出金額を入力して申請します。出金できるのはクレジットカードを通じて入金した金額が上限となります。

出金申請の進捗状況はLANDFXホームページのマイアカウントの入出金履歴を通じて確認することができます。ほぼ申請から1~2日で処理が行われ、処置完了時には登録アドレスにメールでその旨の通知が届くことになります。

実際、口座への返金はカード会社のオペレーション次第で長ければ1か月程度、デビットカードであれば4営業日程度で返金されることになります。

銀行送金による出金について

LANDFXによる銀行送金は海外送金の形態となります。入金時は国内銀行に振り込みする形でも入金ができましたが、出金はいわゆる海外送金の形をとります。したがってLANDFXの手数料が無料でも着金する銀行の手数料やリフティングチャージを請求されることになりますので、国内銀行では最低2500円、メガバンクや地銀などでは4000円以上の手数料がかかる可能性があることをあらかじめ理解した上で出金額を決める必要があります。

ログインして出金を選択しますと一覧がでてきますのでその中から銀行送金・BankWireを選択します。

画面が変わって以下のような内容が現れます。

アカウント口座名を確認し出金する口座番号を選択します。

さらに以下の項目に送金する国内の銀行情報を入力していきます。

二度目以降は登録したデータを呼び出すことができますが初回のみは登録が必要になります。出金先の銀行のデータはホームページなどに記載されている内容を正確にコピーして入力する必要があります。誤った入力をしてしまいますとうまく着金できずに資金が返却となり組み戻し手数料など余分なコストを負担することになりますので十分に注意が必要です。

また国内でSWIFTコードをもたなネット銀行や新生銀行、みずほ銀行のネット口座、ゆうちょ銀行などは銀行サイドの判断で着金を拒否されることがありますので十分にご注意ください。

LANDFXの場合、海外送金を行いますと開設した口座の通貨にかかわらずすべてドル建てで送金されることになるため、まずドルに両替され、しかも着金時に銀行のレートで円に両替されますので、非常に両替コストのかかる送金になってしまうことはあらかじめ理解した上で利用することをお勧めします。

最後にサインをして申請ボタンを押せば完了です。

クレジットカード同様送金の処理は1日ないし2日で完了します。処理状況はログインしてマイページ上の入出金処理状況を通じて確認が可能です。

STICPAYを利用した出金

LANDFXからは海外送金を利用せずにSTICPAY経由で出金が可能となります。銀行経由の海外送金はかなり余分なコストがかかりますのでSTICPAY経由のほうが有利に展開できるケースもありますので口座をあらかじめ開設しておくのもひとつの方法となります。

STICPAYへの反映は即時実施され、手数料は0.3ドル+2.5%、最大35ドルとなります。したがって金額によっては銀行送金のほうが安いケースもあり注意が必要です。

ログインして出金一覧の中からSTICPAYを選択して出金ボタンを押します。

クリックしますと以下のような画面が現れますのでこちらに必要事項を入力して申請します。

申請ボタンを押しますとリアルタイムで出金されます。

ここからはSTICPAYのほうのサービスの内容になりますが、STICPAYは国内銀行に出金が可能です。出金の最低額は100ドル、手数料は送金額の1.5%+800円ですからここだけを見ればかなり安いのですが、LANDFXからSTICPAYへの出金手数料が無料ではないことからトータルで考える必要がある点が大きな問題となります。

またこれまでSTICPAYは無記名のマスターカード・デビットカードが発行されましたが新たなカードはユニオンペイブランドのカードしか発行されなくなったことから使い勝手はかなり悪くなっています。以下がその利用詳細となります。

銀行を経由しなくても資金が引き出せるのは大きなメリットですが、それなりのコストがかかることと引き出せるATMが限定されるのが玉にキズでマスターカードのときよりも利便性が下がっているのが気になるところです。

LANDFXプリペイドカードによる出金方法

LANDFXでは独自にマスターカードと組んだプリペイドカードを発行しています。

ただ、香港ドル建てであることからチャージ時、カードでの買い物、ATMからカードでの出金時に、為替手数料などが発生します。また二年度目からは月次の会費が必要になることからよほどコンスタントに利用するユーザーでないとなかなか利用しきれない点は注意が必要です。

申請に必要な条件および書類

LANDFXプリペイドカードは口座残高が50ドル以上でパスポート、パスポート意外の身分証明書(運転免許証等)居住証明書が必要となります。

利用上の注意点としては以下のような内容が表示されています。

1ヶ月の限度額は利用限度額とATMの引出限度額を合わせ9000ドルとなっています。

Land-FXカードの有効化にはLand-FXカードに500香港ドル以上の資金が反映されている必要があります。

FXカードに出金後、https://cards.373finance.com/loginにログインし、有効化が必要です。(Land-FXカードに資金が反映されるには、2-3営業日が必要です。)

申請後LAND-FXカードが手元に届くまで約3週間ほどかかります。

カード発行申請時にカード発行手数料35ドルが保有のMT4アカウントから差し引かれます。

カード発行申請後30日以内に資金を補充入金しないとカードが有効化されませんのでご注意ください。

Land-FXカードは、最初の有効化後2年間使用できます。期限切れ後はさらにカードを更新する必要があります。1人2枚まで発行が可能です。

実際の送金方法について

まずログインしてから出金をクリックし選択肢の中からLANDFXカード出金のボタンを押します。

画面が変わり次のような内容が表示されます。既存のクレジットカード入金を超えた利益部分から出金が可能となりますのでアカウント番号を確認し金額を入力します。

金額を入力し、カード名義、番号等を入力して送金ボタンを押せば簡単に出金が可能になります。

このカードの国内出金ができるATMはゆうちょ銀行とセブン銀行になりますのでそれなりの利便性は確保されています。ただ日本円のLANDFXの口座から香港ドルに両替しさらに国内で日本円に両替してATMで引きだすため両替コストも馬鹿にならない点は注意が必要です。

Land-FXカードのATM出金制限は24時間5000USDとなっており、さらにATMにおいてゆうちょ銀行は1回5万円、セブン銀行は1回10万円の限度額が設定されています。またATM出金手数料は1%で最低20HKD,為替手数料は4%とられますのでせっかくFXで出した利益なのにも関わらず金融機関の為替手数料で結構持っていかれる点だけは納得して利用しなくてはなりません。

以上、LANDFXの出金方法の具体的な内容についてご紹介しました。