XM(XMTRADING)の口座開設はこちらから

口座開設マニュアルはこちら

XM(XMTRADING)のカスタマーデスクの対応について

海外FX業者を使うときに気になる大きなポイントとなるのがカスタマーデスクとのコミュニケーションの問題です。
多くの業者はチャットなどでリアルタイムにカスタマーデスクと話ができるようになっていますが、英語でコミュニケーションを行わなくてはならず、しかもその内容はFXという非常に専門的なことになりますから、日常会話ができてもなかなか納得のいくコミュニケーションを英語で行うことは難しくなります。
XMの場合、幸いなことに日本語でのコミュニケーションができるカスタマーデスクが用意されていますので、安心してチャットやメールでの連絡が可能になります。
時差の関係でカスタマーデスクの稼動時間が欧州時間帯中心となりますが、確実に日本語でやりとりができるのはありがたい存在となります。
とくに欧州時間帯であればリアルタイムでコミュニケーションができますので、困ったことはほとんどその場で解決させることができます。
XMの場合サーバー関連でのトラブルは非常に少なく、取引関連で困ることはほとんどありませんが、2015年に入ってからは1月15日のスイス中央銀行による突然の介入中止でスイスフランが暴騰し、周辺通貨が影響を受けた際に問い合わせたときにも非常にスムースに日本語で対応してもらえていますので、何かあったときにもかなり安心な会社といえます。

イギリススコットランドの住民投票の開催時やギリシャの国民投票開票結果発表時には一時的にすべてのレバレッジが50倍になり、証拠金不足などが懸念された時期がありましたが、こうしたときにもしっかりその対処方法について教えてくれましたので、困ったことがあればまず相談してみるのがお勧めということになります。
リアルタイムでのコミュニケーションができるときにはチャットがお勧めになりますし、先方の対応時間外はメールで送っておきますと確実に返事をもらうことが可能です。
当然のことながら、英語でのチャットのほうが対応は早くなりますので、緊急を要する場合には英語で問い合わせをするとさらに時間を短縮させることができます。
顧客対応ということでいいますと、海外業者だから遜色のある部分はまったく感じることができませんので、通常の国内業者と同じような感覚でつきあっていけばいいのではないでしょうか。
XMは日本人顧客対応をかなり前向きに考えている会社ですから、その対応プロセスにも高い満足が得られる状況にあります。
海外業者の中ではお勧めの1社といえそうです。