海外FXの利用では実はもっとも重要になるのが出金方法です。

入金はどこの業者でも比較的簡単にできるものが揃っていますので、国内の業者と遜色なく利用ができますが、利益がではじめて入金額よりも出金額が大きくなるとはじめて感じるのが海外の口座から国内の自分の銀行口座へ出金することの難しさやコストの問題になります。

ここではVANTAGE FXの出金方法について日本に居住する人たちが利用できるものを中心にしてご紹介していくことにします。

出金方法

VANTAGE FXのクライアントポータルにアクセスしますと左側にあるナビゲーターの中に資金という項目がありますのでそれをクリックしますと資金を出金するという項目が表示されます。

まずはこちらをクリックください。

資金を出金するとクリックしますと出金方法が表示されます。

まず出金の優先順位としてはクレジットカード、デビットカードで入金したものはその金額を上限として同じルートで出金が可能となります。

たとえば10万円をクレジットもしくはデビットカードで入金し20万円の利益がでて出金をする場合には10万円まではカード経由で返金の形で出金が可能ですが、それを超える部分は別の方法を選択する必要があります。

現状ではあらかじめ口座を開設しておけばbitwallet、SticPay、仮想通貨のビットコインかテザーへの出金、海外送金が考えられますが、海外送金はコストがかかり過ぎることになりますのでそれ以外の方法を選択することが望ましいです。

出金コストがもっとも安くて安全なのがbitwallet、次に口座があるのであればSticPay、そして仮想通貨を利用しているのならビットコインかテザーというプライオリティが考えられます。

VISAクレジットカード、デビットカードへの出金

カード出金は入金と同じようにクリックしますと金額を入れる枠がでますので必要金額(入金額が上限)に数字を入力し提出を押せばクレジットカードの詳細入力がでますのでそちらを入力してデポジットボタンを押せば完了となります。

返金はカード会社次第ですが通常は5日程度で返金されることが多いようです。

bitwalletへの出金

bitwalletへの出金は一覧からボタンをクリックすると上のような画面が出てきますのでそこに希望金額を入力して提出を押します。

するとリダイレクトでbitwalletの口座に飛びますのでbitwalletの口座を入力して送金ボタンをクリックすればすぐに送金が完了しますが、自分の国内口座へさらに送金する場合には824円の手数料で最大4日程度で完了することができます。

SticPayへの出金

SticPayに事前に口座とデビットカードをお持ちであればこちらに出金するのも一つの方法と言えます。

国内のコンビニATMからカードで出金が可能となりますが、コスト的にはそれなりにかかりますので安い方法であればbitwalletに軍配が上がる状況といえます。

SticPayへ出金する場合は一覧からアイコンをクリックしますと上のような画面が表れますので金額とSticPayに登録しているメールアドレスを入力して提出ボタンを押します。

自動的にリダイレクトしてSticPayの支払いサイトに飛びますのでそこで必要事項を記入して送金ボタンを押せば完了です。

ビットコインアカウントに送金する方法

ビットコインへの出金は一覧の中からアイコンをクリックしますと上のような画面がでますので金額を入れて提出しますとビットコインのウォレットアドレスを表示する新しいウインドが表示されます。

アドレスをコピーしてビットコインウォレットにログインし、希望する金額をビットコインアドレスに転送すれば完了です。

海外送金による出金

もっともお勧めできないコストの高い方法が海外送金による出金です。

送金する側のコストはVANTAGE FXが負担してくれますが受け取る銀行側の事務手数料は個人負担ですからソニー銀行のような最安の口座であれば2600円程度、メガバンクや地銀ですと4000円以上の負担となりますので出金する金額は十分に注意が必要です。

どうしても送金したい場合には一覧からアイコンをクリックしますと送金希望先銀行の入力欄がでますのでそちらに詳細を入力してください。

以上、VANTAGE FXの出金方法についてご紹介しました。