※当ページはGoogleの検索結果などに表示されないように設定させていただいております
※当ページの外部への掲載はご遠慮いただけますようお願い申し上げます
※当ページはあくまでも弊社ご利用者様向けのアナウンスとなっております

利益取り消しについて

最近GEMFOREXのご利用者様の間で利益の取り消しが行われた方が増えており、これらにつきましてGEMFOREXに問い合わせを行っても「そのような事実はない」などと虚偽の回答が行われているとのことでございます。

弊社へもご利用者様から連絡がございましたため弊社側では事実確認を行ったのちにGEMFOREXへ問い合わせなどを行いましても「そのような事実はない」という回答がでございました。

不正利用などの真っ当な理由があれば利益が取り消されても仕方がありませんが、問題を無かったことにして揉み消そうとしている点についてはIBとしては不信感を抱いております。

これら理由によりGEMFOREXのご利用は現時点ではあまりおすすめはできませんがこれらをご理解の上ご利用いただけましたら幸いです。

2020.07.21追記

別件で問い合わせを行っていた件もございましたがこちらにつきましては虚偽の回答を行っていたことを認められました。

なお上記の「虚偽の回答」につきましては弊社より回答をしてもよいか判断できかねる点がございますので確認をされたい方はお手数をおかけいたしますがGEMFOREXまで直接お問い合わせいただけましたら幸いです。

お客様の損益に直結する利益の取り消しなどの件につきましては状況が確認できましたら随時こちらで更新をさせていただきます。

ネガティブキャンペーンというわけではございません

弊社にてGEMFOREXのネガティブキャンペーンを行っているというわけではございません。

またそのメリットも特にございません。

当ページは弊社経由でGEMFOREXをご利用いただいているお客様へのアナウンスとなりGEMFOREXのご利用者様が多くなりますと弊社へのクレームにもつながりますのでリスクヘッジとしてアナウンスをさせていただいております。

このままGEMFOREXをご利用になられたい場合ももちろんご利用いただけましたら幸いです。

また当ページはあくまでも弊社ご利用者様へのアナウンスとなっておりネガティブキャンペーンという訳ではございませんので転載などはご遠慮いただけますようお願い申し上げます。

GEMFOREXがDD系であると判断している理由

弊社がGEMFOREXがDD系であると判断している理由は設立から現時点までの運営にあります。

GEMFOREXは設立当初は無ライセンスで運営をしておりましたが最近になってニュージーランドライセンスを取得いたしました。

GEMFOREXの公式ではSTP(カバー先という表記が多いのでおそらくSTP Instant Execution)方式と公式では掲載されておりますがSTP Instant Executionの場合は自社で相殺決済を行い溢れた注文をリクイディティプロバイダ(JPモルガン・チェースや日系であれば三菱UFJ銀行など)に流すという仕組みとなっております。

これらのリクイディティプロバイダがそもそも金融ライセンスも持たない事業者と契約をするのかどうかというものです。

過去に注文を呑んではいたが現在は呑んでいないということであれば大規模なサーバーメンテナンスなどを行い顧客の注文を外部に流すよう既存のポジションを全て決済をするなどといった対応が必要になりますがこれらが行われたということはないようです。

このためGEMFOREXはDD系であると弊社では判断しております。

なおDD系が悪いというわけではなくDD系の特徴としてはLANDFXなどと同様に過剰な入金ボーナスや約定が極端に早く滑りづらいなどといった特徴がございますため人によっては使いやすいと感じられるかと思われます。

利益が取り消されたと言われる方々の共通点

利益が取り消されたと言われている方々の共通点につきましては入金額に対して取引ロットおよび損益結果が大きい方々のようです。

GEMFOREXでは直近で30ポジションまでしか保有できないよう規制が入ったようですがこれらが影響しているのかもしれません。

https://gforex.info/news/20200710/