FXDDの追証問題

海外FX業者の中では最大手であったFXDDが2015年1月15日に起きたスイスフランショックでいきなり追証を請求してきた記憶はまだまだ新しいものです。
スイスフランショックの発端は2011年9月から維持してきたスイスフランに対するユーロの下限(ユーロスイス相場)を1.2000として無制限介入を行っていくという為替方針を2015年1月15日に突然撤廃、対ユーロでスイスフランの暴騰が起きました。
スイス中央銀行が「現在の為替レートをこれからも維持していく」と宣言した2日後のことです。
その変動は1時間で4000pipsもの上昇。
その時に勝ったらいいですが負けた場合はどれだけの追証が発生するでしょう・・・
追証なし業者を求めて海外のFX業者を利用する人は非常に多いと思いますが、FXDDはこのスイスフランショックでいきなり追証なしを撤廃しました。
「追証なしはサービスの一環で今回のような暴騰を想定したものではないから撤廃」とのこと。
「やっぱ今のなしね」がまかり通る業者ということですね。
上記のようなことがあってからFXDDは金融ライセンスが剥奪され今ではライセンスなしで営業しています。
XM.COMなどは事前にレバレッジ規制を行っていたり危機管理もしっかりしていましたので追証請求などはありませんでした。
FXDDの場合は同一名義人の資金は全て差し押さえ。
資産運用としてFXDDでEURCHFのレンジトレードなどをしていた人たちは今どうなっているのでしょうか。

追証なしでない業者に価値はない

海外のFX業者であるにも関わらず追証なしサービスを行っていない業者。
TariTaliにて掲載している業者の中ではFXDDとBigBossが追証ありです。
ちなみにLAND-FXも追証なしを謳っていますがこのページに「原則的には保証する義務がある」という記載があるのでスイスフランショック級かそれに近いことが起こったら追証なしサービスを撤廃するんだろうなと思っています。

日本国内のFX業者は追証なし業者はない

「追証なし」とはトレード環境においてかなり重要なポイントです。
海外のFX会社であれば万が一追証が発生しても取り立ては困難ですが、日本国内の証券会社で追証を食らってしまったら速攻で銀行口座が差し押さえでしょうね。
証券会社にはあまりお金をおかず、信用せず、10回分程度のトレード資金のみ入れてトレードすることを心がけてください。
これはトレードにおいて重要な位置付けの「資金の保全」の基本中の基本です。

日本国内のレバレッジ規制は証券会社を守るためのルール

日本国内にはレバレッジが25倍までという規制がかかっています。
レバレッジ規制をかけないと日本の金融ライセンスは取ることができません。
この規制は「顧客の資金を守るための規制」という風に言っていますが明らかに違います。
日本国内のFX会社は基本的に呑み(DDまたはOTC)業者です。
顧客の損失が業者の利益になります。
逆に顧客の利益が業者の損失になりますが、この損失をなるべく抑えるために作られた規制がレバレッジ25倍の規制なのです。
小玉のトレーダーから少しづつお金をむしり取っていく国内のFX業者ですが、スイスフランショックや日銀の追加緩和などのイベントが起こると大玉トレーダーが大きな売買を行います。
約定拒否やスプレッドを拡大してストップ狩りなどで対処できる場合はいいですが、スキャルピングなどだと業者側で対策することが難しいです。
このためレバレッジ25倍という規制が生まれました。
何が言いたいかというと日本の金融庁と日本国内のFX業者はズブズブということですね。

海外FX業者=詐欺というレッテル貼り

海外のFX業者は危険とか詐欺だとかいうレッテルがよく貼られています。
断言できますが、日本国内のFX業者の方が詐欺です。
海外のFX業者でも明らかな呑み行為を行っているのにSTP(NDD)を謳っているLAND-FXなどが存在するので海外のFX業者全てが詐欺ではないとは言えません。
しかし日本国内のFX業者の大半が呑み業者なことを考えると日本国内のFX業者の方がトレーダーに勝たせる気がないことは明白です。
日本は「くりっく365」など複数のFX業者が行政処分を受けても堂々と営業をしています
なぜ堂々と営業ができるのか?それは日本の金融ライセンスが取るまでは難しく、取った後ならゆるゆるなライセンスだからです。
そんなグダグダな金融ライセンスよりも私なら資産管理の保全などがしっかりと行われているキプロスライセンスの業者を使いたいです。
海外のFX業者には良質なブローカーがちゃんといますが、詐欺業者の横行が際立って見えてしまい詐欺というレッテルが貼られてしまうのは大変悲しいです。
Forexは国に対しての投資・投機です。
トレードで勝ちたいなら元締めが存在するようなただの賭博場には出入りしないことを強くお勧めします。

海外FX業者の中で優良業者

国内のFX会社はそもそも追証ありなのでSTP(NDD方式)であっても論外です。
じゃあ結局どの業者がいいの?という話になりますが、TariTaliで掲載している業者(提供終了済含む)でリストを作ってみました。

1位:XM.COM

海外のFX業者の中でも資金量がズバ抜けたブローカーです。
スプレッドは広いですが約定力は業界一であり、ここぞというところでポジションを持つ裁量トレーダーに一押しの業者です。

2位:AXIORY

透明性が非常に高いブローカーです。
スリッページはよく発生しますが注文を流している先のリクイディティプロバイダーのリストもサイト上に掲載しており、スプレッドも狭いです。

2位:FxPro

西の代表として名を馳せている巨大ブローカーです。

3位:TitanFX

日本で絶大なる人気を誇ったPepperstoneの生まれ変わりと言われる業者です。
ポータルシステムもPepperstoneと瓜二つで、ニュージーランドライセンスを別で取ったホワイトラベルなんじゃないかと思っています。
最近追証なしサービスを始めたのでオススメします。

4位:TradersTrust

安全性が高いキプロスライセンスの低スプレッドブローカーです。
スリッページは発生しますが、AXIORYやTitanFXと似たようなスペックの業者です。

5位:FxNet

以前、社内で色々と揉め事が起きてしまい出金拒否などの噂が立ち人気が落ちたブローカーです。
社長が交代してからはある程度安定してきていると思います。
プラチナ口座はオススメですが、最近はBitCoinの売買まで手がけ始め色々と迷走している気がします。

各業者の評価

LAND-FX

STP(NDD)を謳ったOTC(DDまたは呑み)業者です。
追証なしサービスもいつ撤廃するかわからない記載になっているので論外です。

BigBoss

追証あり業者です。
VIP口座なら使い道がありそうですが、最低入金額が5万ドルなので少し二の足を踏んでしまいます。

iForex

iForexについては使ったことがないため申し訳ございませんがよくわかりません。
しかしながら2009年頃に異常約定や出金トラブルがあったようです。

DynamicTrade

どこの国の金融ライセンスも持っていません。
資本金や会社の所在地もデタラメです。

FXDD

追証なしサービスをいきなり撤廃したため一気に人気がなくなった業者です。
現在はどの国の金融ライセンスも持ってはおりません。

海外FXキャッシュバックキャンペーン

TariTaliのリベート型キャッシュバック
ECN/STP海外メジャーブローカーのスプレッドを大幅縮小

おすすめまだ低スペックの国内FX業者をご利用されていませんか? 現在トレードはECN/STPがスタンダードな時代となっています。本キャンペーンは、海外メジャーブローカーのスプレッドを大幅に縮小可能になるリベートプログラムです。

  • 業界最高のコミッションリベート
  • お取引翌日には出金可能なキャッシュバック
  • 全FX業者が絶賛するクライアントシステム

など、よりトレードで利益を上げる為に練りこまれたシステムをご提供しています。是非、あなたのトレーディングにもご活用下さい。

btn