XM.COMの口座開設はこちらから

口座開設マニュアルはこちら

XM.COMの取引方法

XMのようなハイレバレッジの取引でしっかり利益を上げるためにもっとも重要なのは、とにかく証拠金を無闇に減らさないことです。
そのためには1枚ずつの証拠金額が少なくて済むからといって大量にポジションを作り過ぎないことがもっとも重要になります。
ポジションのボリューム管理はハイレバレッジ口座で成功するための第一歩といえます。
常にポジションをとったあとでも1000%以上の証拠金維持率が確保できているような売買を心がける必要があります。
また、損切りについてもスキャルピングでXMを使うのであれば自分で売買していて間違った方向に買ったり売ったりしたと思ったら躊躇なく損切りをしていくことが重要になるのです。
ドル円で言えば50PIPSや70PIPSも離れたところで損切りしたのではスキャルピングで回収ができなくなりますので失敗したと思ったらとにかく10PIPSでも切ってしまう潔さをもたなくてはだめです。
またMT4がプラットフォームになっていますので、たとえ自動売買をしなくてもEAを利用してXMが提供するMT4に追加機能を付加しておくことが必須となります。

まずどうしても必要になるのが一括決済機能の追加です。
これはネットで探しますと無償のシェアウエアがいくらでもありますので、最低限追加しておくことがお勧めです。
このEAを動かしていれば複数のポジションを一括で決済できますから全体として利益が出ているときにすぐに決済できますし実に便利です。
さらに、国内の店頭FX業者では実装されはじめているドテン機能もEAに追加すれば使えるようになります。
こちらもMT4、かつハイレバレッジで売買するのであれば必須のアイテムということができます。
とにかく安易にポジションを持てば必ず損失を抱えることに成りますから、よく考えて最良のエントリーポイントを模索して売買をすることが必須になりますし、それでもうん悪く想定と反対方向に動きはじめてしまったらとにかく瞬時の判断で損切りをして入りなおすことがもっとも重要な取引姿勢であると考えられます。
これを身につけられたトレーダーは888倍のレバレッジでも生きていけますが、25倍と同じ発想で売買していては絶対に利益を出すことはできないものなのです。
そのぐらい888倍というレバレッジ取引は特別なものですし、常にそのことを意識して取引できないと勝ち続けることはできません。
また相場がどちらに動くか判断できないときには安易に打診買いなどせずに様子を見るという待つ勇気もこうしたハイレバレッジ取引には重要になってくるのす。
888倍があれば通常の動きの中でも十分に少ない資金で大きな利益を上げることが可能です。決して無理をしないことが実際に使ってみるとよくわかることになります。

XM.COMおすすめ口座開設キャンペーン比較

IB(Introducing Broker)について

XM.COMでは広告業務の一部をIBへ委託しており、IBはXM.COMからの広告料をトレーダーへ還元しています。国内業者と比較してスプレッドの広いXM.COMですが、キャッシュバックIBを利用する事により、取引コストを国内業者と同程度まで抑える事が可能となり、資金効率が高くハイスペックな海外メジャーブローカーでのトレードが可能となります。

リベート率でキャンペーンを比較

通常口座のキャッシュバック額を比較

IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
TariTali 7.5 USD / Lot 実質:900円 / Lot
RoyalCashBack 6.5pips / Lot 実質:650円 / Lot
FinalCashBack 6.0pips / Lot 実質:600円 / Lot
CashBackVictory 6.5pips / Lot 実質:650円 / Lot
CashBackForex 5.5 pips / Lot 実質:550円 / Lot

ZERO口座のキャッシュバック額を比較

IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
TariTali 3.75 USD / Lot 実質:450円 / Lot
RoyalCashBack 3.0pips / Lot 実質:300円 / Lot
FinalCashBack 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
CashBackVictory 3.0pips / Lot 実質:300円 / Lot
CashBackForex 2.2USD / Lot 実質:264円 / Lot
※実質取引コストは、ドル円レート:120円で計算しています。

リベート率の表記で変わる実質キャッシュバック額

リベート率をpips表記にしているIB業者は、実質キャッシュバック額が少くなるので注意が必要です。pips表記している業者は何故か「1pip=100円」で計算する事で実質キャッシュバック額が少なくなるよう設定しているようです。

キャッシュバック出金スピード&手数料比較

出金可能な時期と手数料を比較

IB業者 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 取引翌日から出金可能
RoyalCashBack 500円 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 500円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CashBackVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能
CashBackForex 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能

リベートプログラム