海外FXブローカーのスプレッドは広い?

spread-nedir

海外FXブローカーは国内FXブローカーと比較してスプレッドが広いですが、使い方によっては国内FXブローカーに近いスプレッドでハイレバレッジ、追証なし、約上拒否(リクオート)なし、スキャルピング歓迎の完全NDDと、国内FXブローカーとは比べ物にならないハイスペックな環境を手に入れることができます。
ここではスプレッドを大幅に縮小することができるTariTaliのリベート型キャッシュバックプログラムを適用した実質スプレッド(実質取引コスト)をご紹介させていただきます。


XM.COM(XMTrading)キャッシュバック口座開設のお申し込みはこちら

XM.COM(XMTrading)のリアルタイムスプレッド

  • 週末のスプレッドは広がっております
  • 表示されない場合はこちらをご覧ください
  • 当記事のキャッシュバック率は90%をベースに記載しております

XM.COM(XMTrading)の実質スプレッド

スタンダード口座及びマイクロ口座のスプレッド

最小スプレッド 平均スプレッド リベート適用後平均
EURUSD 1.0 1.9 1
USDJPY 1.0 2.0 1.1
EURJPY 1.0 2.7 1.8
GBPJPY 1.8 5.4 4.5
AUDJPY 2.3 4.8 3.9
CADJPY 1.0 5.0 4.1
GBPUSD 1.0 2.6 1.7
AUDUSD 1.0 2.5 1.6
  • 約定方式はSTPインスタント方式になります
  • 取引手数料はありません

ZERO(ゼロ)口座のスプレッド

最小スプレッド 平均スプレッド リベート適用後平均
EURUSD 0 0.4 0.95
USDJPY 0 0.4 0.95
EURJPY 0 0.7 1.25
GBPJPY 0 1.1 1.65
AUDJPY 0 1 1.55
CADJPY 0 1.1 1.65
GBPUSD 0 0.4 0.95
AUDUSD 0 0.6 1.15
  • 約定方式はECN方式になります
  • 取引コストは1USD1pips(ドル円であれば100円)で計算をしております
  • 片道10万通貨あたり5ドルの取引手数料がかかります

XM.COM(XMTrading)が人気な理由

XM_web

XM.COMはスプレッドが広いですが世界中で人気があるブローカーです。
「スプレッドが狭い方が人気があるのでは?」と思われがちですが、XM.COMが世界中のトレーダーから支持されるには理由があります。

国内FXブローカーの現状

国内FXブローカーは残念ながら基本的に顧客の注文を呑んでいます。
これはスキャルピングを禁止していることとインターバンク市場以下のスプレッドを提供していることから明らかで、もし利益が出続けた場合は数ヶ月前の取引まで遡り取引がなかったことになります。
国内FXブローカーの言い分では「カバー先の流動性に影響が出る」となっていますが、実際は呑んでいるからです。
本当にカバー先に注文を流しているのであれば数ヶ月前の取引まで遡り注文をなかったことになんてできません。
国内FXブローカーは短期売買を行われると顧客をわざと負けさせることが難しくなるため上記のような対応を取っています。
スキャルピング歓迎と謳っている国内FXブローカーも僅かながらにいますが、強烈なバーチャルディーラープラグイン(顧客をわざと負けさせるようにするシステム)が裏で動いています。
国内FXブローカーを利用していたトレーダーがXM.COMに逃げる理由は上記のようなことがあるためで、これは先代達からの教えであると考えられます。

スリッページがほとんど起こらない

XM.COMは顧客の注文を一度XM.COMでカバーをしますが、最終的には外部マーケットに流します。
「カバー」というと人によっては「注文を呑んでいるのか?」と受け取る方もいますが、カバー取引を行うことで一度XM側で注文を処理するためスリッページが発生しづらい仕組みとなっています。
もちろんXM側で処理された注文は最終的には外部マーケットに発注されるので過去に遡って注文を取り消されるということはございません。

スプレッドのキックバック率が高い

XM.COMのスプレッドは比較的広いですが、TariTaliのようなリベート型のキャッシュバックサイトを活用することで実質取引コストを大幅に抑えることができます。
また他のブローカーと比較してもスプレッドに対して高いキックバック率になっているので実質取引コストが少なくなります。

日本語サポート体制が優秀

XM.COMの日本語サポート体制は他の日本語対応ブローカーと比較してもひときわ目立っています。
他のブローカーは2〜3名程度が多いですが、XM.COMの場合は10名以上と日本語サポートにかなり力を入れています。
英語ができない方も安心してご利用いただくことができます。

 

XM.COM(XMTrading)キャッシュバック口座開設のお申し込みはこちら

XMおすすめ口座開設キャンペーン比較

IB(Introducing Broker)について

XMでは広告業務の一部をIBへ委託しており、IBはXMからの広告料をトレーダーへ還元しています。国内業者と比較してスプレッドの広いXMですが、キャッシュバックIBを利用する事により、取引コストを国内業者と同程度まで抑える事が可能となり、資金効率が高くハイスペックな海外メジャーブローカーでのトレードが可能となります。

リベート率でキャンペーンを比較

通常口座のキャッシュバック額を比較

IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
TariTali USD / Lot 実質:960円 / Lot
RoyalCashBack 0.8pips / Lot 実質:800円 / Lot
FinalCashBack 0.6pips / Lot 実質:600円 / Lot
CashBackVictory 0.65pips / Lot 実質:650円 / Lot
CashBackForex 0.55 pips / Lot 実質:550円 / Lot

ZERO口座のキャッシュバック額を比較

IB業者 リベート率 実質キャッシュバック額
TariTali 4 USD / Lot 実質:480円 / Lot
RoyalCashBack 0.4pips / Lot 実質:400円 / Lot
FinalCashBack 取り扱いなし 実質:0円 / Lot
CashBackVictory 0.3pips / Lot 実質:300円 / Lot
CashBackForex 2.2USD / Lot 実質:264円 / Lot
※実質取引コストは、ドル円レート:120円で計算しています。

リベート率の表記で変わる実質キャッシュバック額

リベート率をpips表記にしているIB業者は、実質キャッシュバック額が少くなるので注意が必要です。pips表記している業者は何故か「1pip=100円」で計算する事で実質キャッシュバック額が少なくなるよう設定しているようです。

キャッシュバック出金スピード&手数料比較

出金可能な時期と手数料を比較

IB業者 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 取引後1週間以内には出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 250円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CashBackVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能
CashBackForex 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能

リベートプログラム