XMTradingより米国大統領選挙に伴うレバレッジ規制実施の可能性に関するご連絡

XMTradingより連絡があり2020年11月3日の米国大統領選挙に伴って、多くの通貨コモディティおよび株式市場全般において極端な市場のボラティリティ、リクイディティの少ない市場、異常なスプレッドおよび価格差が生じる可能性があることから、レバレッジ規制がかかる可能性についての連絡がありました。

XMTradingとしては常に顧客保護を前提としてレバレッジを引き下げて、必要証拠金を引き上げる場合にはできるかぎり事前に顧客へお知らせするよう最善を尽くすとしていますが、異常な市場コンディション下におきましては短時間に、もしくはお知らせ無くそのようなアクションを起こす必要を迫られる場合があるとのことです。

当該大統領選挙期間中に未決済ポジションを保有する予定のお客様は、マージンコールおよびもしくはロスカットにより、お取引活動に支障なきよう口座に十分な資金があることをご確認いただくようお願いいたします。

XMTradingの場合過去のレバレッジ規制では一律50倍に落とされることが多く、それに見合う証拠金をしっかり投入しておくこととポジションを持ちすぎないようにすることが重要になります。

以上、XMTradingより米国大統領選挙に伴うレバレッジ規制実施の可能性に関するご連絡をご紹介いたしました。